ピルには数種類あり、その中でも人気なのがトリキュラーとなっています。また最近では生理痛が酷い・生理不順の学生に対して学割が適用されるようです。それでは、トリキュラーなどのピルについて説明していきます。

  • ホーム
  • ピルも学割が適用されます

ピルも学割が適用されます

薬と葉とスプーン

カップルが避妊をする方法にもさまざまなものがありますが、コスト的に安価であって、手軽にできるということで、わが国では男性が装着するコンドームが主役となっています。
しかし、装着にミスがあると避妊に失敗してしまうことにつながりかねませんし、なによりも男性の側が行うものですので、女性からは避妊について言いづらい雰囲気というものもあるものです。
そこで、女性が主体的に取り組める避妊の方法ですが、比較的手軽なものとしては、避妊用の低用量ピルを服用するということが考えられます。
この避妊用の低用量ピルですが、卵胞ホルモン、黄体ホルモンといった、女性ホルモンのはたらきをする物質が適量含まれた錠剤であって、単に女性の側が毎日服用することを継続しているだけで、ほぼ完璧に近いような避妊の効果を発揮できるという特徴があります。
しかも、生理痛が重くて困っている人や、生理不順に悩んでいる人がこうした避妊用のピルを服用した場合には、女性ホルモンのちからによって、そうした症状が安定するということも期待されるのです。
そのため、特に成人女性の避妊用ということではなく、学生などの若い人が生理不順を解消するといった目的であっても、こうしたピルが利用されるシーンというのはあり得るものです。
ただし、現在のところ、月経困難症の治療などの特別な目的に限って、特定の銘柄のピルについて、健康保険が適用されて安価に入手できる機会はありますが、一般的な避妊用ピルについては、残念ながら保険の適用外となっています。
そこで、ピルを処方しているクリニックのなかには、学生にピルを処方する場合、学割を適用して、安価に入手できるようにしているところもあり、注目されています。

アーカイブ
人気記事一覧